佐那武神社の社林

出典: ののいち地域事典

佐那武(さなたけ)神社の社林

ファイル:佐那武神社の社林.jpg


(御経塚1丁目)

 神社の境内には、エノキ・タブの大きな木が多くみられます。特に、エノキは地上1.3mの幹周りが2.8m(径90cm)、樹高約25mと町内でも最も大きい立派な木の一つで、ほかに同規模の木が2本みられます。また、タブも地上1.3mの幹周りが2.7m(径90cm)、高さ17mある大きなものです。開発が進む地区のなかで豊かな社林が印象的です。

 佐那武神社は大城八幡神社地に同社と合祀された神社で、旧社地は御経塚集落の北方にありました。この付近には、「御経塚」の地名の由来である「経塚」が現在でも残っています。

個人用ツール