喜多家の樟

出典: ののいち地域事典

喜多家の樟(クスノキ)

(本町3丁目)

 野々市町郷土資料館の斜め向かいの喜多家(国の重要文化財・喜多家住宅の隣)には、旧北国街道筋に面する家の前面に、大きなクスノキとタブノキがみられます。

 このクスノキは、地上1.3mの幹周りが2.2m(径約70cm)、樹高は約17mで、町内でも大きい木のひとつです。また、『石川の巨樹』には同様の大きさのものがいくつも掲載されています。

 クスノキは材や根からは樟脳を得ることができ、古くから防虫剤、鎮痛剤として用いられ、その防虫効能から家具や仏像などにも広く使われていました。「楠」は中国では本来タブノキを指し、「樟」が正確な記述とされます。

 本町地区の旧北国街道筋には樹木が多くみられ、家並みとともに落ち着いた佇まいとなっています。

個人用ツール