市花木

出典: ののいち地域事典
(版間での差分)
M (ページ 町花木市花木 へ移動: 平成23年11月11日に市制へ移行したため。)
 
1 行 1 行
-
 野々市町の花木(町花木)は、昭和49年6月19日「ツバキ」に選定された。
+
 野々市市の花木(市花木)は、昭和49年6月19日「ツバキ」に選定された。
-
 また、同日町議会において、「愛と和の都市宣言」が決議され、野々市町の町づくりの方向性を宣言した。 
+
 また、同日議会において、「愛と和の都市宣言」が決議され、野々市のまちづくりの方向性を宣言した。 
13 行 13 行
 今、わが国内外の情勢は非常な変動に直面している。これは、物質的に繁栄をとげたその反面種々の弊害を生じ、ややもすれば「愛と和」の欠如となることをうれいざるをえない。
 今、わが国内外の情勢は非常な変動に直面している。これは、物質的に繁栄をとげたその反面種々の弊害を生じ、ややもすれば「愛と和」の欠如となることをうれいざるをえない。
-
 本日、町の花木として椿を選定決議した。
+
 本日、町(市)の花木として椿を選定決議した。
-
 これを機にコミュニティ(共同社会)の一環として美しい町づくりの願いをこめて花と緑の町、われ等すべての町民がうるわしい町にすることを宣言する。
+
 これを機にコミュニティ(共同社会)の一環として美しいまちづくりの願いをこめて花と緑のまち、われ等すべての町(市)民がうるわしいまちにすることを宣言する。
-
== 野々市町愛と和の町民憲章 ==
+
== 野々市町愛と和の市民憲章 ==
 昭和55年11月3日制定
 昭和55年11月3日制定
-
 遥かに霊峰白山を仰ぐ野々市町は、古くから加賀の中心として栄えたところです。
+
 遥かに霊峰白山を仰ぐ野々市市は、古くから加賀の中心として栄えたところです。
-
 わたくしたちは、この恵まれた自然環境と歴史・文化・産業の豊かな町に住むことを大きな誇りとし、限りなく平和で繁栄することを願い、ここに町民憲章を定めます。
+
 わたくしたちは、この恵まれた自然環境と歴史・文化・産業の豊かなまちに住むことを大きな誇りとし、限りなく平和で繁栄することを願い、ここに市民憲章を定めます。
-
一 郷土を愛し、緑ゆたかな住みよい町をつくりましよう。
+
一 郷土を愛し、緑ゆたかな住みよいまちをつくりましよう。
-
一 伝統を重んじ、教育文化の香り高い町をつくりましよう。
+
一 伝統を重んじ、教育文化の香り高いまちをつくりましよう。
-
一 健康を増進し、活気みなぎる明るい町をつくりましよう。
+
一 健康を増進し、活気みなぎる明るいまちをつくりましよう。
-
一 勤労を尊び、感謝と奉仕の心で温かい町をつくりましよう。
+
一 勤労を尊び、感謝と奉仕の心で温かいまちをつくりましよう。
-
一 秩序を守り、笑顔でふれ合う和やかな町をつくりましよう。
+
一 秩序を守り、笑顔でふれ合う和やかなまちをつくりましよう。

2011年11月30日 (水) 06:14 時点における最新版

 野々市市の花木(市花木)は、昭和49年6月19日「ツバキ」に選定された。

 また、同日議会において、「愛と和の都市宣言」が決議され、野々市のまちづくりの方向性を宣言した。 


愛と和の都市宣言

 昭和49年6月19日決議

 歴史が人間に求め続けてきた課題……その一つに愛と和がある。この問いに応え、われわれは新しい時代を開拓してきたのである。

 今、わが国内外の情勢は非常な変動に直面している。これは、物質的に繁栄をとげたその反面種々の弊害を生じ、ややもすれば「愛と和」の欠如となることをうれいざるをえない。

 本日、町(市)の花木として椿を選定決議した。

 これを機にコミュニティ(共同社会)の一環として美しいまちづくりの願いをこめて花と緑のまち、われ等すべての町(市)民がうるわしいまちにすることを宣言する。


野々市町愛と和の市民憲章

 昭和55年11月3日制定

 遥かに霊峰白山を仰ぐ野々市市は、古くから加賀の中心として栄えたところです。

 わたくしたちは、この恵まれた自然環境と歴史・文化・産業の豊かなまちに住むことを大きな誇りとし、限りなく平和で繁栄することを願い、ここに市民憲章を定めます。

一 郷土を愛し、緑ゆたかな住みよいまちをつくりましよう。

一 伝統を重んじ、教育文化の香り高いまちをつくりましよう。

一 健康を増進し、活気みなぎる明るいまちをつくりましよう。

一 勤労を尊び、感謝と奉仕の心で温かいまちをつくりましよう。

一 秩序を守り、笑顔でふれ合う和やかなまちをつくりましよう。


 

野々市ツバキの記事を求める


花 木

個人用ツール